2011年09月25日

110925_1

20110925160634.jpg

日本海某所で開催されたエギング大会に参加。
シブイ状況の中、とりあえず釣れた一杯がそれなりのサイズで
70人中18位に入賞できた。

大会にはいろいろ顔出してるけど、実は初入賞です。
posted by ふぁじた at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

海の幸

三重県の紀伊長島でボート釣りに興じる。

釣りの楽しみは「大きさ」よりも「数」にある。
しかも、いろんな種類の魚が釣れるのが理想。

こんな風に考えてるふぁじたにとっては
かなり楽しい釣行でありました。

pic187

<釣果>
アジ・カワハギ・アカササノハベラ・オハグロベラ
イシダイ・メジナ・カサゴ


2時に起床、夜明けと共に出船、ひたすら釣り、15時帰港、19時帰宅。

とにかく眠い。
即死するぐらい眠い。
posted by ふぁじた at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

ひかりもの

とんとご無沙汰なバス釣り。

なんか微妙に用事やら仕事やらが入って、どうもヒマがない。この日は時間あるなぁ、って日には狙ったように雨が降る。

あぁ、バス釣り行きたいなぁ。

そんなことを思いながら、仕事帰りにちらりと釣り具の物色をしていると、なんか見た目が気に入ったルアーがいくつかあったので、勢いでいくつか買ってきた。
pic114

ルアーのキレイさはヤバイ。
サカナだけじゃなく、人間も釣られてしまうような魔力がある。形やら色やらが豊富なせいもあって、コレクター心を刺激されるんですよね。

それにしても、一個数千円もするようなルアーを平気で投げれる人の神経が信じられない。そんな人、素人でいるのか?ふぁじたのような貧乏人だと、数百円のルアーが根掛かりで無くなった、ってだけでその日のテンションはダダ下がりですよ。

だもんで、お気に入りのルアー使うときは出来るだけ障害物のないところで、あまり遠くに投げないように、とかする。
ただし、どう考えてもそんなところにバスはいない。

そりゃ、釣れませんって。

っていうか、「お気に入り」の基準がおかしい、って話でね。ルアーの本来の目的からすれば「釣れる」からお気に入りにするべきで、「キレイだから」とかで気に入ってる場合じゃない。


今日買ったルアーのデビュー戦。
いつ行けるかなぁ。
posted by ふぁじた at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

どの面さげて

昨日は仕事あったんで、今日からGWスタート。

今日は日の出前に起きて
ドライブして
牛丼食って
昼寝して
日焼けして
ウチ帰ってきた。

一応の名目は「バス釣り」らしい。
でも、釣れてないからなんとなくそう言ってしまうのは恥ずかしい。

とにかく天気が良かったせいもあり、早起きして寝不足な状態で昼飯食って一息ついた途端にものすごい睡魔に襲われた。抗うことなく、体が求めるままに目を閉じると、まさに至福の一時でした。

帰り道でえげつない渋滞に巻き込まれる。
そういや、2年前の盆に釣りに行ったときもエライ目にあったなぁ。もし、昼寝をしてなかったらかなりヤバかったと思う。気を紛らわすために、クルマの中で熱唱してたら、ウチに着いた頃には軽くノドが枯れてた。

そんな感じで、今日は疲れた。
心地よく疲れた。

…ずいぶん、生きたバスを見てないなぁ。
posted by ふぁじた at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

クラッシュ×2

2007年、初バス釣りに出掛けた。

暖かくなってきたしそろそろいけるかなぁ、と思ってた時にちょうど友人から誘いの連絡がきたので、さっそく琵琶湖まで行ってきた。

結果から言うと、この時に負けず劣らずで散々な日でしたよ。

春になったら使おう、と思って冬の間に買ってたルアーがあったので、ついに出番がきた、と喜び勇んで使ってたんですよ。なかなかイイ動きするし、これはきっと釣れる、と結構満足気でしたよ。

が、ちょっとした流木みたいなもんに引っ掛かってしまった。
でも、こういうときは適当に引っ張ってたら外れるし、と思って別に気にしてなかったんですよ。実際、2、3回引いてたらとれました。

…ただ、引っ掛かってたのが急にとれたせいで勢いよく戻ってきて、そのまま岸壁のコンクリートに思いっきりぶつかって粉微塵になりましたけどね。そりゃもうキレイに。


さて、軽い傷心を抱えてその後もしばらくやってたんですが、全然バスの気配すら感じられないまま、だんだん寒くもなってきたんでそろそろ帰るか、って感じで、ラスト一回だけ投げたら帰ろう、ってことになりました。

で、その一投が運の悪いことに浮き草の残骸みたいなのに引っ掛かった。こりゃもう今日は帰れってことだろ、なんて思いながら少し先が重くなった竿をカリカリと巻いてたら、途中で急に軽くなった。

…ついでに竿も半分ぐらいの長さになってたんですけどね。なんかデカイ魚が掛かった、とかなら納得するけど、浮き草引っかけて竿を折った、なんて情けないにもほどがある。確かに安物の竿だったし、しゃーないかな。


まぁ、そんな感じで道具をバンバン壊しまくった一日でした。
きっと、オマエはバス釣りすんな、っていう天からの忠告なんだろう、と思います。
posted by ふぁじた at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

絶滅した?

琵琶湖へバス釣りに。

が、前日は職場の先輩のウチで結構飲んでたせいで、イマイチ体調は良くない。二日酔いではないけど、一日半酔いぐらい。朝は何とか起きたものの、このままベッドに沈んでいたい欲がムクムクと湧いてきて、適当に言い訳考えてドタキャンしてやろうか、と思いつつもフラフラと出掛けていった。

おまけに雨が降ったりやんだりで、風はなかったけど寒かった。

pic81


そんな状態でテンションも上がらず。
ダラダラとした釣行。
当然の如く、釣果はゼロ。
一日半酔いで現れたふぁじたをみて「バス釣りなめてんのか!」と友人に怒られたりもした。キミが使ってる道具の1/10ぐらいの値段の道具を使ってる時点で気付きませんでしたか?

それにしても、初めてのバスを琵琶湖で釣った日の事が、今となっては奇跡のようです。あれ以来、一匹たりとも釣れてないんで。とりあえず、そろそろ寒くなってきたんで、次に琵琶湖に来るのは春になるかな、とか思ったりもする。

飽き性のふぁじたが、来年までバス釣りに興味が残ってればの話ですが。
posted by ふぁじた at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

絵にも撮れない美しさ

最近、ほとんど毎週のように釣りに行って、釣りバカ予備軍みたいになってるふぁじたです。

ただし、今日は海釣り。

ふぁじた家では、年に一回、男衆(ふぁじた、父上、弟)のみで釣りに行くっていうのが、なんとなく暗黙の了解になってます。決して、大掛かりで大層な釣りをするわけでもなく、防波堤でアジやらサヨリやらを適当に釣りながら一日をのんびりと過ごす、みたいな感じ。

で、今日がその日でした。
行き先は武庫川一文字の防波堤
pic80
リンク先の地図ではただの線ですが、そこに防波堤があるんで渡船屋に連れて行ってもらいます。

まぁ、釣り自体は特に書くこともなく、普通に楽しんできました。15cm程度のウルメイワシがやたらと釣れて、最後の方はキャッチ&リリース状態でした。

ただ、一つ面白いことがありまして。
普通にふぁじた達が釣りしてる前に、ひょっこりとウミガメが現れた。しかもかなりの大物で甲羅の長さが1メートルぐらいはあったと思う。

最初、あまりのことに理解が出来ず、3秒ぐらい経ってから大興奮。10秒ぐらいしたらさっさと水の中に潜っていってしまった。また出てくるかも、と思ってカメラ構えてしばらく周りに注意してましたが、残念ながらそれっきり。

少し経って考えてみても、なんか現実感のない体験でした。場所と状況的にあまりに不釣り合いな情景だったもんで。どっかの水族館から逃げたんじゃない?と父上は言っていましたが、確かにそう考えるのが現実的に思えるほど。

大阪湾もまだまだ捨てたもんじゃないです。
posted by ふぁじた at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

湖上の荒波

こう見えて、ふぁじたは「海の男」だったんですよ。

学生の頃に海の近くに住んでた時期がありまして、船外機をつけた小型船舶を乗り回してましたし、ある程度大きな船で何日も海の上で過ごしたりしていたこともあります。漁師が定置網を引き揚げるのに付いていって、大揺れの船の上でサカナ見て騒いでたような記憶もあります。


そんな日々から離れて数年。
先日、思いっきり琵琶湖で船酔いしまして。


例によってバス釣りに出掛けたんですが、今回は一度ボートを借りて釣りをやってみようということになって、船外機付きの小型ボートをレンタルしたんです。雑誌や新聞なんかを見ていると、50cmとかのデカバスを釣る人っていうのは大抵ボート釣りです。そんなわけで、大物釣るぞ、とテンション上がりまくりの釣行でした。

ところが、天気はそれほど悪くなかったものの風が吹きまくってまして。湖上には普通に白波が立ってて、船を運転していて時々怖いぐらい。

そんな状態で船を泊めて竿を振ってたら1時間ほどでダウン。平気な顔した友人が船を動かして欲しい、と言われたときだけ動くという体たらく。それ以外の時は適当に寝転がって、ちょっと気分が良くなってきたら10分ほど竿を振る。それにしたって、正直、全然釣れると思ってない。なんか機械的にルアー投げてライン巻くだけ。

そんなんだから当然のように坊主。
これまでで一番カネ掛けて、一番つまらんバス釣りでした。

とりあえず情けないったらありゃしない。
ボート免許取り上げられても文句言えないような、自らの軟弱な三半規管にちょっと本気でヘコんだ三連休でした。
posted by ふぁじた at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

かみなりさま

近所の川で、フラッとバス釣り。

全然行く予定はなかったけど、なんとなく朝目覚めた瞬間に「行こう」と思ったので出掛けた。天気が微妙だったもんで、ちょっとでも雨が降ったら即帰宅だな、と思いながら、朝の散歩ぐらいの気持ちです。

ちなみに、そのポイントにはいつ行ってのバス釣りしてる人はいるものの、実際に釣れてる人は見たことない。ホントにバスがいるんだろうか?と思うものの、確かに泳いでるのを見かけるのでいるのは間違いない。まぁ、そんな感じの所なんで、あまり期待せずに雰囲気を楽しみに行くような感じなんですよ。

が、今日はポイントについて10分ぐらい適当に投げた頃にアタリがあった。っていうか最初は、何か引っ掛かった、って思った。ラインを巻いてみると左右に走るので、なんか釣れた、って分かる感じ。ただ、とにかく重かったので一体なんだろう、と思って引き上げてみる。
pic77

本日の釣果

全長約60cmのライギョです。
とにかく重かった。
一般的に「ライギョ」といわれる魚は「タイワンドジョウ」と「カムルチー」の2種類に分けられますが、今回ふぁじたが釣り上げたのはおそらく「カムルチー」。詳しいことは良く分かってないんですが、多分あってる。

その後、アタリの無いまま一時間半ぐらいやってから撤収。

ふぁじたはバスを釣りに行っているのに、最近、ナマズとかライギョとか、あまり魚っぽくないものばかり釣ってる。釣れるのは嬉しいけど、なんか複雑。
posted by ふぁじた at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

ついにキタ!?

琵琶湖にバス釣りしに行きまして。

そしたら、いまだかつてないアタリが来たんで「こいつはデケー!」と喜び勇んでラインを巻き上げていく。順調に引き上げてきて、やっとこ魚の姿を確認すると間違いなく50cm以上はある見事なバスです。

ただ、ラインにものすごいテンションが掛かってしまって、これはムリに上げると絶対に切れる、っていう状態。ここまできたら絶対に上げたいけど、タモでもないとムリっぽい。目の前まで上がってきた大物を前に「ぎゃ〜、どうしよう。」と狼狽えるしかない状況。


…その最中に目が覚めました。

で、今日は実際に釣りに行く予定だったので、これはなかなか今日の釣果を期待させる夢ではないか、と思って、やる気まんまんで出掛けたんですが、残念ながら結果は坊主。

ベタ過ぎやろ、と自分でツッコむ。

最近、不本意な結果が続いてるんでちょっと飽き気味。
別に大物じゃなくても、釣れりゃ喜ぶんすけどね。
posted by ふぁじた at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

オリーブ色の筋肉美

早朝バス釣り@琵琶湖

昼から予定があったけど、どうしてもバス釣りがしたかった。
近所の川でやればいいんだろうけど、釣れんのでイヤ。

てことで、早朝に出掛けて2時間ほど釣りを楽しんでからさっさと帰ってくる、って予定で出掛けてきました。

pic74

本日の釣果


残念ながらバスは釣れず。
昨日とか結構雨降ってたもんで、水は濁りまくるわ、流れ藻は多いわで、なかなか厳しい状況でした。

で、唯一釣れたのはつぶらな瞳がラブリーな素ナマズ。
釣れた瞬間は「ビワコオオナマズか?」なんて思ったりしたけど、残念ながらそうはいきませんでした。もちろん外来魚ではないので、丁寧に針を外してリリースしました。

とりあえず、早起きしたんで眠い。
パソコンのネットの設定とかせんといかんけど、こうして日記が更新できるぐらいには普通に使えるんで、急ぐこともなかろう。

おやすみなさい。
posted by ふぁじた at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

Micropterus salmoides 3

昨日のバス釣りについて

道具揃えて始めてはみたものの、全く釣れる様子がなくてヘコんでたバス釣りですが、とりあえずは一回釣れるまでは意地でもやろう、と思ってたわけです。

で、今回は出来る限り最良の条件をそろえて臨むことにする。

とにかく朝イチがイイってことなんで、開始時間は午前5時。
ってことで、朝は3時半起床、4時出発です。

当然ですが、道は非常に空いてたんで予定の集合時間より20分ばかし早く到着してしまい、友人を待つ間に竿のセッティングをしたりポイントを探してウロウロしたりする。

で、とりあえず見つけたポイントで試しに投げてみたらいきなりヒット。釣れるなんて思ってもいなかったもんで「えっ!いや、ちょっと、なに?」みたいな感じで引き上げてきたら難なく上がった。20cmぐらいの小物ではありますが、昨日の写真が、その記念すべき生涯初バスです。本来、琵琶湖はリリース禁止ですが、最初の一匹はリリースした。

写真撮ったりなんかして、落ち着いた頃に再度チャレンジ。
そしたら、4、5回投げた頃にまたまたヒット。
「バス釣り、余裕?」って気分になる。

その後、友人と合流して、なんだかんだで9時頃までに5匹釣り上げた。

昼間はやっぱり全然釣れなくて、あちこち移動したりしてやってみたけど全くダメ。この時間帯にかなり体力を消耗した。

夕方になって、再度、朝のポイントに移動して挑戦。
とりあえず1匹釣り上げる。

そんな感じで、バス釣りを堪能した。
確かに釣れたら面白い。
今回釣った魚はそんなに大きくなかったけど、それでもそれなりに引くし、結構楽しかった。

とりあえず、もうちょっと続けてみようと思う。
経験者の話では、秋になれば昼でも釣れる、ってことなので、それぐらいまではやってみよう。
posted by ふぁじた at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

やっとGet

本日、第三次バス釣り@琵琶湖。

三度目の正直ってことで、やっと釣れました。
pic72

それはともかく、死ぬほど疲れ果てたので今日はもう寝る。
釣行の詳細は明日にでも。
posted by ふぁじた at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

Micropterus salmoides 2

バス釣りに再挑戦。

といっても、おもいっきり真っ昼間に行ったので、釣ろうという気はあまり無くて、近所の河のポイントを探して今後の参考にしようというのが目的。で、ただあちこち探すのも勿体ないので、ついでにちょっと投げてみようかって感じ。

一応、クルマで10分ぐらいの範囲内で、いくつかのポイントを見つけられたので機会を見つけて足を運んでみようかと思う。とにかく、最初の一匹を早く釣りたい。

とりあえず、今回判明したのは近所でも全然余裕でバス釣りが出来そうだってことと、自分が吸血鬼レベルに太陽に弱くなってるって事。

せいぜい一時間ほど河川敷を歩き回って、時々サオを振ってたんですが、おそらく熱中症に片足突っ込んでました。頭がクラクラして、異常に汗かいて、水分をとっても全然渇きが癒されない状態になった。我ながら、なんとも情けない話です。

どうやら、バス釣りの基本は、早朝もしくは夕方に行くこと、らしいので、今度はそれを守ってリベンジに挑みたい。
posted by ふぁじた at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

Micropterus salmoides

ボーナスの使い道 その3

バス釣りの道具を一式揃えました。
まぁ、釣り具屋でセットになって売ってた安物ですが。

釣りはかなり好きなんですが、現在のふぁじたの住処から海に出掛けるとなると結構面倒くさいもんで、ここ数年は数えるほどしか釣りはしてません。

もっと手軽に楽しめる釣りを、ってことでバス釣りに興味を持ったわけです。

で昨日、ふぁじたと同じく「バス釣りやってみたい」と言ってた友人と「バス釣りやったけど、釣れんからつまらん」と言う友人を連れ立って琵琶湖の方に出掛けてきました。

やってみた感想
「琵琶湖にはブラックバスなんていません」

世間ではあれだけ騒がれてますが、多分なにかの間違いです。何の反応もないし、周りでやってた人もただただ竿を振ってるだけでしたよ。一緒に行った友人達はすぐに諦めて、途中のコンビニで買ったチクワをエサにしてブルーギル釣って遊んでました。ふぁじたはポイントを変えたりワームを変えたりしながら、とりあえず一時間ほど粘りましたが、雨が降ってきたので撤収。

いやぁ、もっと簡単に釣れるものだと思ってたんですが、甘かったです。とりあえず道具はあるし、近所の河にもバスはいるし、ってことで、少なくとも一匹釣るまではやってみようと思う。その上で、これからも続けるかどうか決めます。


ちなみに、雨のせいで予想以上に時間が余ったので、地元に帰ってきてから卓球やら、バッティングやら、バスケやら、ローラーブレードやらで散々遊びまくった。友人達をクルマで送ってからウチに帰ってきたら、もうグッタリでした。

体力の衰えをしみじみ感じます。
posted by ふぁじた at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

盆じゅーる

お盆ですね。

ふぁじたの職場は13日〜17日までの5連休なわけですが、休日出勤の関係でふぁじたは明日から仕事します。で、とにかくこの3連休を有益に使おうと思って、事前にいろいろと考えとったわけですよ。

とりあえず13日は釣りへ。
釣りを全くしたことない友人に、一度教えて欲しい、と言われて一緒に行ってきました。でも、ふぁじたもそれほど真剣に釣りをやる人じゃなくて、少々カジったことがある程度です。だから、極々基本的なことぐらいしか教えてあげられませんでしたが、まぁまぁ楽しかったです。

釣りをやってる間は。

行き帰りがチョー渋滞。
お盆休み初日ですからね、当たり前です。
なんでそんな当然のことに気付かなかったのか、と車の列に並びながらひたすら後悔しまくり。5時半に出発して、7時に到着の予定だったのが、実際には10時半。着いた瞬間にもう帰りたいぐらいに疲れました。

おまけに生まれて初めてハオコゼに刺された。学生時代に散々サカナを扱って、ハオコゼもこれでもかってほど見てきたけど刺されたことはなかったのに。っていうか、死ぬほど痛かった。10分ぐらいは指押さえて悶絶してたし。その日一日は指先が軽く麻痺してたし。2日たった今でもチョット違和感があるし。

まぁトラブルはあったものの、とりあえず楽しかったのは確か。

で、昨日と今日については行きたいトコとかあったんですが、結局ほとんど部屋に引きこもってました。別に釣り行って疲れたわけでもなく、なんで、ってことも特になくて、ただ何にもする気にならなかっただけです。天気が悪かった、ってのもあるかもしれません。

部屋でTV見たり、マンガ読んだり、ネットしたり、ゲームしたり、と絵に描いたようなダメ人間な時間を過ごしてたんで、軽く脳みそ溶けてるかもしれません。今日の日記は、明日からちゃんと仕事するためのリハビリも兼ねてます。

仕事してるほうがいいんですよ。
早起きするし。金は使わんし。エアコン効いてるし。
…って、言い聞かせながら、明日は仕事行ってきます。


あと、どうでもイイ話ですが、世間一般では今日は「終戦記念日」なわけですが、ガノタにとっては「ジオン公国建国記念日」だったりするのです。

ジークジオン
posted by ふぁじた at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。