2005年11月05日

機動戦士Zガンダム2 −恋人たち−

ガンダム観てきました。

3部作の2作目なわけですが、1作目と比べて随分と扱いが良くなったな、と。1作目は1日に2回の上映で朝と夕方だけだったのに、今回は1日5回上映。そりゃそうですよ。前回の時は劇場いっぱいにいい歳したオッサンが詰めかけて、異様な雰囲気を醸し出してましたしね。今回は朝イチの回に行ったせいもあってか、かなり席に余裕があったのでゆっくり観れた。

例によって、以下はガンダム知らない人には意味不明となっております。

ストーリーはベルトーチカがアウドムラに合流するところから、アクシズが武力介入してくるところまで。フォウ、サラ辺りが登場して、ブレックス准将が暗殺されてっていう感じ。後半にはZもでてくる。ただ、全体的にはちょうど中弛みな感じがしないでもないです。

とにかく、ストーリーがガンガン省かれてます。1作目以上に原作を知らないと訳が分からない。原作知ってても「あれ?」って思うところとかあったし。例えば、苦労して宇宙に戻ったクワトロが、次に登場するときにまた地球にいるなんて、人によっては「はぁ?」ってなると思う。なんというか、もはやダイジェストとも言えないようなレベル。Zを知ってる人用の名場面集みたいな感じ。

まぁでも、今回も前回と同じく見所はストーリーじゃなく、新たに書き起こされたカットでのMSの動きなわけで。その点に関しては、かなり良かった。前作のMark2の動きを越えるような感動シーンはなかったものの、アムロのリックディアスの動きとかはかなり良かったと思う。あと、ハマーン専用ガザCに萌え。あの地味なMSを、あれだけカッコよく見せるのは大したもんです。

気になったのはやはり旧カットと新カットが切り替わったときの違和感。なんか前作以上に違和感を感じる部分が多かったように思う。あと声優の変更による違和感も結構あったなぁ。

前作ほどの新鮮さや感動は無かったものの、ガンダム好きでZ知ってるなら、とりあえず観ておいて損は無いんじゃないかなぁ、って感じ。それ以外の人は観てはダメです。金のムダになると思います。

前回と同じく、次回作の前売りを買ってしまいましたが、少々気になることが。それは、予告編でも言ってたし、前売り券を見ても書いてある「だれも知らないラスト」って言葉。これは映画のラストがオリジナルとは違ったものになるということなのか?なんか楽しみなような、不安なような。

完結編は3月4日から上映開始。
とりあえず楽しみにしておきます。


posted by ふぁじた at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ガノタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。