2005年10月29日

収穫、そして…

pic45

種を蒔いてから、およそ半年。
ついに暴君を収穫するに至りました。

多分、ホントはもっと赤くなるもんなんでしょうが、葉っぱがほとんど無くなった状態では、どう考えてもこれ以上熟すようには思えないので収穫してしまいました。確か説明書には「上手く育てると200個ぐらいなる」って書いてましたが、上手く育てられなかったので大体10個ぐらいです。大きさ的には、写真右下の一番大きいので4センチぐらい。

うーん。
収穫したはいいが、どうしてくれようか、コレ。

っていうか、どうみても辛そうには見えんし。
いかにも弱々しい感じの、淡いオレンジ色。
出来損ないのパプリカですよ、これじゃ。

pic46

とりあえず試食。

上の写真、左下の一番小さい実の先の部分を切って、とりあえず食べてみる。
「おいおい、辛そうに見えん、とか思うなら、丸ごと一個食おうぜ。」と、心の中でもう一人のふぁじたが訴えてきますが、まぁまぁ念のため、ということで。っていうか、10個しか獲れんかったから、大事にすべきだ、と自分を納得させる。
…決して、ビビってなどいない。

で、食す。

今日、仕事帰りに買ってきた1.5リットルPETボトルのカルピスウォーターを、一瞬で半分ほど飲み干しました。

辛い!チョー辛い!
ほんの一欠片かじっただけで、顔中から汗が噴き出た。
暴君の名は伊達じゃない。

ということで、手元に残った10個の爆弾。
どうしてくれようか、と思案中です。


posted by ふぁじた at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハバネロ観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。