2005年10月06日

ゴール直前で

前回、実がなったという報告をしてから、ご無沙汰だった「ハバネロ」ですが、あれから1ヶ月たってどんなふうになったかというと
pic44

こんなんなりました

見ての通り、10個ほどの実が付いていますが、見事なまでに葉っぱがありません。そのせいで栄養がまわってないのか、実が全く熟していく気配がありません。ちょっと小さめのピーマンが実ってる感じです。

これは全てアブラムシが原因。

前回の観察日記をアップした直後ぐらいに、少しずつ葉っぱが落ち始めて「涼しくなってきたせいかな?」とか思ってたんですが、よく見たら茎や葉っぱにかなりの数のアブラムシが付いてるのを発見。

なんとかしたいけど、軽くはらった程度では全く減らんし、いちおうは食べ物なんでクスリをかけるのは避けたい。どうしたものか、と思ったけど、とりあえず成り行きにまかせよう、と思って放置してたら、葉っぱがスゴイ勢いで落ちていきまして、アッという間にこんな悲惨な状況になってしまいました。

ここまできてしまったら、もう出来ることなんてないでしょうし、もう成り行きは天に任せます。エライもんで、アブラムシが大量についてるにも関わらず、実自体は全然付いてないんですよ。なにかしらの辛み成分のもとみたいなものが、防虫剤代わりになってるってことかもしれません。

もう贅沢は言いません。
とりあえず1個だけでも文句言わんので、熟してください。


明日は休みます。


posted by ふぁじた at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ハバネロ観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。