2005年07月31日

思春期ぐらい?

第3次スパロボα、超ほしい。

連日の真夏の太陽の光と、ふぁじたの献身的な水やりの甲斐あって、ハバネロに花芽らしきものが出来ました。
pic38

メキメキと育って、今では高さ50cmぐらいになりました。
ひたすら大きくなるばかりで、ほとんど変化が見られなくてつまらんかったので、しばらく日記にも載せてませんでしたが、今日じっくりと観察して花芽らしきものを発見。よく見ると結構あったんで、気付かなかっただけみたいです。

このペロッと垂れ下がった部分の一つ一つにハバネロが出来るんだろうか?
とりあえず写真の株では、この花芽が20ぐらいある。
あと、これから花芽になりそうなのも結構残ってる。
こりゃ、ハバネロの大豊作を期待しても良いのだろうか?
あと、今のところ肥料とかは一切やってないけど、やったほうがいいのか?

うーん、植物の求めてるものは分からん。
せっかくここまで育ったからには、なんとしても収穫にこぎつけたい。
今まで放ったらかしにして、好きなように伸びさせたから、今後も下手にいじらんほうがいいのか、それともそろそろ色々と構ってやった方がいいのか。

それはそうと話は変わりますが、ちょっと興味がわいて「ハバネロの葉は辛いのか?」と思ってちょっと葉っぱをちぎって食べてみた。ビックリするぐらい普通に葉っぱの味がしました。

実が出来た頃にもう一度試してみます。


posted by ふぁじた at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ハバネロ観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。