2007年05月01日

男たちの大和/YAMATO

GWに映画観るのはある種の礼儀だ、とか思ってます。

ってことで、今年も映画観に行こう、と思ってたんですが、ふぁじた的大本命の「ロッキー」はもう観てしまって、それ以外の公開中の映画にはイマイチ惹かれるものが無いんで、大人しくウチでビデオやらDVDを観ようかな、と。

で、とりあえず観たのが「男たちの大和/YAMATO

戦艦大和の生き残りを養父に持つ女性が、大和の沈没地点にどうしても行きたい、ってことで、同じく大和の生き残りである老人・神尾の船で現場に向かう。その道中で神尾は大和の思い出、乗員達の生き様、そして最後の戦闘について話して聞かせる。

この映画、戦争映画にありがちな思想的な偏りがほとんどない。日本側の視点から作られてるけど、アメリカをただの「敵」として描いているだけで「悪」にはしていない。反戦を訴えるでもなく、戦争を賛美してるわけでもない。

ただ、そこにいた人達が何のために、何を思って戦って死んでいったのかを描いた人間ドラマでした。

結論から言うと、かなりイイ映画でした。
ボロボロ泣けました。
ただ、純粋に映画の内容に対してじゃないかもしれない。

欠点はそれなりにあります。
例えば、各乗員のエピソードが細切れに順不同で挿入されていくので、よく覚えてないと分かりにくいと思う。また、前述したように「思想的な偏りがない」ので、見方を変えれば何を訴えたいのか分からない映画でもあります。

ふぁじたが心を動かされたのは、登場人物達が「命を懸けて」戦っている様です。国、家族、友人などなど、守りたいものは人それぞれでしょうが、みんな自分の命を失ってでも守ろうとしてるんですよ。

そこまでして守りたいモノがありますか?

そんなことを考えたらなんか堪らん気分になった。
画面に映る人物達に対して抱いた感情は、尊敬であり、疑問であり、羨望であり、嫉妬でした。

映画の内容だけで考えて75点ぐらいかな。
戦争映画として見た場合は中途半端な感じがすると思う。人間ドラマとして見た場合も、どこかで見たような話が多いので新鮮さはない。でも、全体としてはよくまとまってて、俳優達の演技も良かった。戦闘シーンも迫力あったし、見て損はないと思う。

さて、以下は映画の感想とは別で、ふぁじたの個人的な考えです。

現代の日本が戦争に巻き込まれた時、どれだけの人が命を懸けて戦おうとするか。どこまで「個」を捨てられるのか。
これから起こる戦争はなんとしても阻止するべきだと思う。けど、過去に起こった戦争を否定することに大して意味があるとは思えない。
戦争で死んでいった人達が、今の日本を見てどんなことを思うんでしょうね。


posted by ふぁじた at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。