2006年03月18日

機動戦士Zガンダム3 −星の鼓動は愛−

はいはい、ガノタの戯言ですよ。
興味のない気質の方々はコチラへどうぞ。


映画版Zガンダム三部作の完結編です。

まだ公開から一週間ってこともあってか、かなりの混みっぷりでした。あと、これまでの2作と違って、客層が妙に若かった。っていうか子供が多かった。ふぁじたが行った回がたまたまそうだったのかもしれませんが。

ストーリーはアクシズが介入してきたところから最後まで。前2作に比べると、話の端折られっぷりがマシだったように思います。まぁ、三つ巴の戦局の変化が話の肝なんで、ある程度分かりやすくしたのかな、と。

あと、これまでの2作については「新訳」と言いつつ、特にストーリーに変化があったわけではなかったですが、今作ではセリフが変化してる部分が多々あり、公開前から言われていたようにエンディングも変わってます。この辺り、TV版を知る人には賛否両論ではないかと。ふぁじたは「コレはコレで」って感じでしたが。

エンディングの変更については想定内な感じ。まぁ変わるとしたらこうだろうな、って思ってたのがその通りでした。Zガンダムを一つの話として考えた場合、映画版のエンディングはイイと思う。ただ、宇宙世紀という流れからみると、この変化は大き過ぎる。とりあえずZZが面白いことになりそうなんで、それはそれでみてみたい。

相変わらずMSの戦闘シーンが燃え。
ストーリーが終盤になり、キュベレイやジ・O、パラス・アテネなんかが登場してきますが、その中にあってもやっぱり百式のカッコよさは別格です。ものすごく無骨でマッチョな感じがするんですよ。この劇中のプロポーションを元にしてプラモとか出してくれんかなぁ。ジ・Oも相当カッコよかったですよ。相変わらずの動けるデブっぷりで、TVではほとんど使われなかった隠し腕も結構多用してました。

三部作を見終わって思うのは、やっぱり全編を新カットでやって欲しかったなぁ、ということ。当時の映像を使うことは、メリットよりデメリットのほうが大きかったと思うですけどねぇ。次、ZZが映画化されるなら是非とも全編を新規カットでお願いしたい。

初代ガンダムの映画からZの映画までは20年以上かかりましたが、Zの映画の好評っぷりに気をよくして、勢いでZZの映画化にも期待したいところです。



posted by ふぁじた at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ガノタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。