2008年10月26日

不遇の運命

ガンプラとか興味ない人はこちらで「鉛筆彫刻」とか観ればイイと思います。

デスティニーがようやく完成。
なかなか集中力が続かなくて、ちまちまと作業を進めつつ、やっとこさです。
pic190


pic189


総製作時間は不明。
とにかく中断を重ねながら、やっと出来た、って感じです。

細工については、今回も特に変わったことはしてません。
・アンテナの削り込み。
・ウィングの噛み合わせが若干甘くて合わせ目が気になったので、ちゃんと接着して合わせ目処理。
・同じく、ウィングの黒い部分のパーツが限りなく黒に近いグレーで、つや消しを吹いたらさらに白っぽくなって気に入らなかったのでつや消しブラックで再塗装。
・全身につや消し吹いて、スミ入れ。

今回、これを作ってMGの進歩をあらためて認識させられた。
特に股関節を広げた状態でロックするギミックはありがたかった。
あと、肩関節が前方にスライドするのもイイ感じ。
おかげでアロンダイトを両手で構えたりもしやすい。
ウィングの付け根の構造も、なかなか気配りが行き届いてる。

それにしても、デスティニーは劇中での扱いが若干アレでしたが
デザイン的にはかなりイイと思うので、もっと評価されて欲しいと思う。


さて、積みプラは残り一箱となりました。
ちなみにHGの「パラス・アテネ」です。
こういう感じで作ろう、みたいな計画は頭の中にあるのですが
その状態で2年ほど寝かせてしまってます。
一応、これを作るまでは新しいヤツを買わないと決めてるので
ほぼ間違いなく次に作るプラモは「パラス・アテネ」かと。


まぁ、今年中に作る可能性は極めて薄いですが。



posted by ふぁじた at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ガノタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。