2008年09月22日

伊勢参り

昨日は日帰りで伊勢神宮に行ってきました。

ふぁじたは学生時代に6年ほど三重に住んでましたが
伊勢神宮には全く行ったことがありませんでした。
近くを通ることは何度となくあったんですが、ホントに通るだけ。
考えてみれば、罰当たりな話です。

で、実家で話してるときに何となく
「伊勢神宮でも行く?」
みたいな話になったので、行ってみることにしたわけです。

京都から高速乗ってクルマを走らせること、およそ2時間で到着。
「もう着いたの?」って感じで、新名神の実力を実感することになった。

以下、写真を交じえてのコメント。


pic180

神に失礼、とでもいう感じなのか、イイところに限って写真撮影禁止、とかになってて、この写真でも、写っている鳥居をくぐっていまうと撮影禁止になってるので、外側からなんとか捕ろうとして撮った写真です。
ただ、写真がどうとか関係なく、メインの神殿みたいなものについては、一般の参拝客からはほんのチラリとしか見えない。ブツブツ文句を言ってる人もいたけど、個人的にはこれでイイと思う。「神の秘密」と書いて「神秘」ですよ。

pic181

それ以外のお宮については結構普通に見れる。
これはなんかの倉庫みたいなものだったと思いますが、こういう建物を観ると本気で嬉しくなる。
白川郷でのテンション上がりっぷりといい、自分でも気付かぬ属性として
「茅葺きフェチ」なんてものがあるのかもしれない

pic182

敷地内の森はかなりのいい雰囲気。
マイナスイオンの間を縫って木が生えてる、みたいな森です。
個人的にはこの写真のように苔むした感じの大木とか、たまらん。
ちょっと森の奥の方を覗いたら、ひょっこりとシシ神様とかいそうな空気です。


pic183

時間的にそれなりに余裕もあったので、帰る前に二見ヶ浦まで足を伸ばす。
ここもふぁじたは来たことない、と思ってたんですが
両親曰く、昔連れてきた、とのこと。
まったく記憶に御座いません。
ここに写ってるようなカエルがやたらとあちこちにあるような場所なんで
子供なら喜びそうだし、おぼえててもおかしくないん気はするんですけどね。

pic184

グルメについては見ての通りの赤福氷。
感じ的には白玉宇治金時の配置代えただけ?という印象。
決して不味くはない、っていうか美味い。
ただ、一杯500円は若干高いような気がしたんですが。

これ以外にも一応「伊勢うどん」も食べた。
味噌煮込みとは逆の意味で、これはうどんじゃないと思う。
ふぁじた家そろって極めて不評でした。


京都にあるような神社・仏閣とは一線を画した印象で、どう説明したらいいか分かりませんが、ある種の生々しさみたいなものを感じたように思います。もしまた訪れる機会があるとすれば、その時は出来る限り人の少ない時を選んで、もっとダイレクトにこの空気を感じたいと思った。


posted by ふぁじた at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。