2009年10月31日

しぞーか −AとB−

道中で食べたものについてですが
最後の一品以外は全て浜名湖SAで食べてます。

pic234

まずは文句無しにA級グルメと言える「うな重」。
うな丼も悪くはないけど、うな重のほうが見た目がいいと思う。
味については特に言うことはありません。
間違いなく美味いです。

pic235

次に浜松餃子。
ホントは実際に浜松に行って、ちゃんとしたモノを食べたいけど
時間的なこともあって、とりあえずSAの屋台で妥協した。

まず、出された餃子を見てモヤシがない時点でガッカリ。
浜松餃子といえばモヤシとセット、という事前知識があったんですよ。
さらに食べてみて、あまりの普通の餃子っぷりにガッカリ。
明らかに「王将の餃子>>>>>>浜松餃子@浜名湖SA」。

これは単に本場のモノじゃなかったからだと、信じています。

pic236

続いては富士宮やきそば。
B-1グランプリ二連覇の一品ですから、期待は膨らみます。
見た感じはほぼ普通のやきそばですが、キャベツが刻まれていたり
粉がつおがかかってたりという違いが見られる。

で、早速食べてみて、最初の一口で納得。
これは美味いです。

麺の食感がすごくいいんですよ。
やきそばってラーメンとかと違って、あまり麺を重視しないですが
そこにこだわってこの食感を取り入れたことに恐れ入りました。

一気に完食して、あと2,3人前は食えそうな感じでした。

pic237

最後にこの旅で一番感動した「たまごふわふわ」。

これは静岡に行くことを決めて下調べをしてたときに初めて知りました。
なかなかふざけた名前ですが、江戸時代からある料理だそうですよ。

最初、見た目からの想像でなんとなく茶碗蒸し的な感じだと思ってましたが
全く違う独特の食感を持つ食べ物でした。
ふぁじたの惰弱な語彙では、どう説明したらいいのか分からない。
とにかく今までに食べたことのない食感でした。

最初の一口で「えっ!」ってなって
「何じゃこりゃ?」と思いながら食べているうちに
気付けば完食してしまってた感じです。

これは是非とも色んな人にお勧めしたい。
ちなみに「たまごふわふわ」でググれば分かると思いますが
レシピは非常に単純なので、ウチでも簡単に作れます。
気になった人はお試し下さい。
posted by ふぁじた at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

しぞーか −戸田−

今回の旅の目的は出発前日の日記に書いたように「G級料理」。

結果的に食べられなかったんですが、その正体は深海魚料理です。
見た目があまりにグロくて、まんまゲテモノだったので「G」です。

全ての原因はネットで知った魚重食堂というお店。
上記、店名リンク先の「お勧めメニュー」の最下段にある「げほうの刺身定食」を見た瞬間「コレは絶対に食わねば」と思ったんですよ。

店があるのは伊豆半島の戸田(へだ)。
半島に西側から入って最初の峠を越えたら着く町、って感じです。
民宿とかが多くて、土産物屋やら観光案内所やらがある田舎の観光地で
今はシーズンじゃないのか、非常に閑散としてました。


で、目的の「魚重食堂」に向かった。
店はすぐに見つかって駐車場に車を止めていたら店の人が出てきて一言。

「今日はもう終わりましたよ。」

この人は何を言ってるのか?と一瞬理解できませんでしたよ。
事前情報で午後の営業が17時からと分かってて、店に着いたのが17時前ですからね。
納得できずに、店の人に話を聞いてみると「今日は材料が少なかった」とのこと。

さすがに翌日の11時にもう一回来るのは厳しいし
他に近所で深海魚食わしてくれる店もないし、で途方に暮れた。


ともあれ、こんな状態でもやっぱり腹は減るし
折角こんなトコまで来たんだから、とりあえず魚食うか、と
魚重食堂の隣にある地魚料理の店に入った。

そこで知ったんですが、実はこの戸田という町はタカアシガニが名物だそうで。
一匹丸ごと食うとなると一万円で足りないような代物らしい。

なら、とりあえず食ってみようかということで、料理をオーダー。
pic233

タカアシガニと刺身の定食 4500円也


タカアシガニはズワイガニとかと比べると味わいが希薄でしたが
身がしっかりしてて食感が良かった。
が、総合的にはズワイガニの圧勝という感じではあります。

刺身の盛り合わせに入ってた魚はサゴシ、ブダイ、ヘダイ、カンパチ、アオリイカ、ツバスの6品で
初めて食べたブダイが非常に美味でした。


この店のマスターがすごく話好きな人で結構話し込んでしまった。
店に入ったのが17:30頃で、帰ったのが19:00過ぎてたんですが
その間ひたすら料理のこととか、町のこととか話してくれました。
セットに含まれてない手長エビの刺身とかも出してくれましたし。
まぁ、客がふぁじた一人だけだったのでマスターもヒマだったんでしょうね。


そんなわけで、食事自体は十分堪能できたので
目的は達成できなかったけど、悪くはない感じでした。
posted by ふぁじた at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

しぞーか

静岡、行ってきました。

が、一番の目的は果たせずじまいで
やや悔いが残る旅となってしまいました。

下の写真は今回の旅を象徴するような写真で、一応、富士山です。

pic232


得るモノはあったし、間違いなく楽しかったものの
何となくスッキリしない今回の旅。

posted by ふぁじた at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

静かなる岡へ

この土日に静岡に行って来ます。


ホントは有給とって11月の1〜3日で行くつもりでした。
が、休めるかどうかが微妙になったことと
それ以降となるともしかしたら12月になりかねないってことから
急遽、今週末に決行することに。

十分な情報収集は出来てないけど
行き当たりばったりも旅の醍醐味と思うことにする。


サブターゲット1:A級グルメ
サブターゲット2:B級グルメ
メインターゲット:G級グルメ

posted by ふぁじた at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

書かずにはいられない

「ブラックラグーン」の9巻を読んだ。

随分前に「日本で一番楽しみなマンガ」とか書いた覚えがありますが
今もその考えは変わらない。

この9巻を読んで、その気持ちはさらに揺るぎないものになった。

何から何まで過剰なまでにカッコよすぎる。
キャラの生き様にいちいち心揺さぶられる。
戦闘シーンがやたらと燃える。


以下、個人的にたまらんかったシーンについてネタバレます。


一番よかったのはバラライカの姉御の慟哭(あえて「慟哭」と言う)。
ページをめくった瞬間に鳥肌が立った。
正直、泣けた。
この一連の独白はあまりにも切ない。
ふぁじたが大尉のファンであることも多少影響あるかもしれませんが
このシーンはホントに良かった。

あと、終盤のロベルタ。
最後の最後にメイドスタイルに戻ってマスケットで戦う、なんて
どんだけ神演出ですか。
表紙で、キチガイじみた弾倉の拳銃持って目が完全にイッてるのもいい。

キャクストン少佐には間違いなく惚れる。
特に過去の回想で助けた少女を載せたヘリを見ながら言った言葉に震えた。
「戦争」を本当の意味で分かってる少佐が言うと重みがハンパじゃない。
あの背中を見て何も感じない人間はいないと思う。

レヴィが空気みたいになってたのが残念ですが
8巻でのファビオラとの絡みが非常に秀逸だったので良しとする。


とにかくありがとう、と言わざるを得ない。
よくぞこの作品を世に生みだしてくれました、と。
次の巻が読めるのはまた一年以上先でしょうが、いくらでも待ちましょう。



という感じでマンガについて熱く語る30歳独身男性ってどうよ?
posted by ふぁじた at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

聖戦へのチケット

ソマリアの反政府勢力が主催するクイズ大会で、賞品としてカラシニコフや対戦車地雷が与えられた、ってニュースがあった。


これを読んで「なぜ優勝者とかだけなんだろう?」と思った。

反政府勢力からすれば兵隊が増えるのは願ってもないことだろうし
なんだったら参加賞で武器を配ってもいいぐらいだろうに。


まぁ、おそらくはクイズをすることで自分たちの考えや主義を理解してるか判断してちゃんと分かってる人だけに武器を与える、ってことなんでしょう。

なんか、そう考えるとある意味で「見直した」というか
ある種のスジはちゃんと通ってるなぁ、と思ったわけです。


別にゲリラを擁護するつもりはありませんので、あしからず。
posted by ふぁじた at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

考え中

台風が過ぎて、急に肌寒くなった。

秋ですよ。

となると、例によって旅に出ようと考えてまして
以前にも少し書きましたが、今回は「金沢」か「静岡」で検討して
結果、静岡に行くことでほぼ決まりました。
どうしても食べてみたいものがあるので。


で、とりあえず出発前には「るるぶ」とかで情報を仕入れるんで
今回も静岡情報を調べようと本屋に行ったんですが
「るるぶ 静岡」って無いんですね。

なんか静岡は3分割ぐらいされててそれぞれの「るるぶ」がある。
それを見た途端に面倒くさくなって、結局さらっと流し読んだだけになった。


いつものことながら、このぐらいの感じが一番楽しい。
とりあえず行く場所と目的を決めてから、外堀を埋めるように準備をしていく感じ。
posted by ふぁじた at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風のち読書 

台風18号きたる。

かなり大型の台風だという情報だったので
昨日のうちに対応を職場でいろいろと協議して
電車通勤者は「自宅待機」と確定。

おかげさまで、朝には雨も小降りになっていたにも関わらず
予定外の嬉しい休日となった。


とはいえ、昼頃には日が差すぐらいの天気だったので
もしかしたら「昼から出勤してこい」とか言われかねないので
おとなしく自宅待機してました。


で、知人から借りた「生物と無生物のあいだ」を読んでた。

確か一昨年にでた本で結構売れてたと思う。
ランキングとかでたまに見かけて気にはなっていた本ではある。

そんな本なんですが知人(文系)曰く「初めて0点をつけた本」とのこと。
だから、生物学をそれなりに分かってる人の感想を聞きたいそうです。

ふぁじたも興味あった本ですし
「0点の本」とか言われたら、かなりハードルも下がるわけで
ある意味「ダメもと」で読んでみた。



うーん。

結論から言うとわりと面白かったです。

ただ、タイトルと内容が明らかに一致してない。
「分子生物学の歴史と現状」とかのほうが正確だと思う。

あと、おそらく門外漢にも分かりやすく、という意識からでしょうが
説明や比喩が妙にまわりくどい感じがした。

とはいえ、ふぁじたは結構楽しめたし一気にすんなりと読めてしまった。
「原子はなぜあんなに小さいのか?」言い換えると「生物はなぜこんなに大きいのか?」ということの説明なんかは目からウロコでした。


知人には「こういうところが面白かった。」と説明するつもりですが
外人を見るような怪訝な目で対応されてる様子が今から目に浮かびます。
posted by ふぁじた at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

予報はずれて

オバマが歪みねぇ。


本日、釣りの予定でしたが木曜の時点で鉄板で「雨」の予報だったので中止。

が、いざ当日をむかえてみれば非常にカラッとしたイイ天気で、自分の雨男っぷりをあらためて強く認識させられる。
まぁ、もし予定通りに釣りに行ってたら、通算5週連続で釣りに出掛けるという釣りバカっぷりを晒すことになっていたので、いいクールダウンだと思うことにする。


予定が空いたので散髪に行ったら、いつもボウズだった散髪屋の大将が毛を伸ばしてて別人みたいになってた。

「自分の毛が切れないぐらいに忙しいんですね。」と言うと
「散髪屋が遠くて行くヒマがない。」と返された。

なかなかイイ返しをしてくれるなぁ、と思ったものの
よく考えてみれば、大将はこの数週間ぐらいの間
おそらく毎日のように同じようなことを言われてるんでしょう。

どんなに技術があっても、ふぁじたには絶対できない仕事だと感じた。
posted by ふぁじた at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。